香川県高松市の小児科・アレルギー科・小児循環器内科 医療法人社団裕心会 あきた小児科クリニック

医療法人社団裕心会 あきた小児科クリニック 小児科・アレルギー科・小児循環器内科

プライバシーポリシー

青空がのぞく診察室から

ホーム >> 青空がのぞく診察室から >> 販売中止

« 基準の違い | メイン | 老化現象 »

2018年04月11日

販売中止

2010年から乗ってきたトヨタの愛車が、昨年秋に販売中止になったという哀しいニュースを見ました。街中でも同じ車種を割に見かけるので、「まさか」という感じでした。どうやら同じようなタイプの車に吸収される形で消滅するようです。

大学生の頃はスバルの軽自動車でしたが、その後はずっとトヨタ車を乗り継いできました。大学を卒業して給料をもらうようになってしばらく経った頃、トヨタのスターレットという小型車を買いましたが、それもいつの間にか販売中止になっていました。その後、4台の車を乗り継いできましたが、先々代の車は廃車にせざるを得ないほどの事故に遭いました。左側方から突っ込んできた車との事故でしたが、車の損傷の割には双方の身体にはまったく異常はなく、警察の方も「幸運でしたね!」と驚いていました。

JAFの方がつぶれた車を引き取ってくれていく時、愛車に申し訳ない気持ちになったのを昨日のことのように覚えています。その車の左フロントガラスに付けられていて、僕をしっかりと守ってくれたと思われるお守りは、当時と同じように今の車のフロントガラスでもやさしく揺れています。

JAFといえば、大学時代に免許を取って、その数年後に入会しました。先々代の車の事故を含めて、30数年間で2回JAFのお世話になりましたが、1回目は免許取り立ての頃の単純な車両トラブルでした。現在の車は約7年で走行距離は11万キロを超えていますが、故障も知らずにキビキビと走ってくれるので、まだまだ乗り続けて行こうと思っています。

投稿者 staff : 2018年04月11日 18:57

ページトップへ

Copyright © 2009 Akita children's clinic. All rights reserved.