香川県高松市の小児科・アレルギー科・小児循環器内科 医療法人社団裕心会 あきた小児科クリニック

医療法人社団裕心会 あきた小児科クリニック 小児科・アレルギー科・小児循環器内科

プライバシーポリシー

青空がのぞく診察室から

ホーム >> 青空がのぞく診察室から >> 未来予想図

« アナログ復活? | メイン | 基準の違い »

2018年02月20日

未来予想図

日常生活の一般的なものだけでなく、医療界でもITの進歩が目覚ましくなってきています。電子カルテやオーダリングシステム、画像診断のデジタル化はもう当たり前ですが、先進的なものではロボット手術であるダ・ヴィンチ手術や人工知能(AI)のワトソンなどが有名です。

ダ・ヴィンチ手術はこれまでの胸腔鏡や腹腔鏡を使った手術にロボット機能を組み合わせて発展させた術式であり、内視鏡カメラとアームを体内に挿入して行うロボット支援下内視鏡手術です。術者が3Dモニターを見ながら遠隔操作をすることにより、その手の動きがコンピュータを通してロボットに伝わって手術を行います。患者さんの身体に小さな穴を開けて行うため傷口も小さい上に、出血量が少ない、術後の痛みも軽い、身体の機能も温存しやすい、術後合併症の危険性も低いといった多くのメリットがあります。早期のリハビリも可能となり、早期の退院や社会復帰が期待できます。

一方、人工知能であるワトソンも医療分野での活躍が期待されています。専門分野の最新知識を幅広く習得した医師の能力にも限界がありますが、人工知能のワトソンの能力はほぼ無限大です。大量かつ最新の医学文献や医療情報を記憶して検索したり分析したりすることによって生まれる診断能力や治療選択能力は、人間の医師をはるかに凌ぎます。また、ワトソンはゲノム解析にも使用され始めており、遺伝子診断によって得られた遺伝子情報に基づいて、個々の患者さんに一番有効な薬剤や治療法を考えていくテーラーメード医療(オーダーメード医療)も期待されています。

政府は、患者さんが自宅にいながら医療サービスが受けられる在宅医療や遠隔医療などを推進しています。その上に、ロボットや人工知能を活用した医療がさらに進んでくると、同じ医療界でも人間が担う仕事が減ってくる分野も考えられます。医師の仕事内容が大幅に減ったり、あまり人数がいらなくなったりしてくる診療科も考えられます。既に雑誌などではそうした特集記事が出たりもしていますが、ロボットやコンピュータが担いづらい部分、たとえば心理面や精神面、コミュニケーション的な部分はやはり“人間医師”が中心になってきます。まあ、マンガや映画の世界には人間的な心を持ったロボットも登場してきてはいるので、さらなる未来には細やかな配慮のできるケアロボットが生まれているのかもわかりません。

投稿者 staff : 2018年02月20日 20:05

ページトップへ

Copyright © 2009 Akita children's clinic. All rights reserved.