香川県高松市の小児科・アレルギー科・小児循環器内科 医療法人社団裕心会 あきた小児科クリニック

医療法人社団裕心会 あきた小児科クリニック 小児科・アレルギー科・小児循環器内科

プライバシーポリシー

青空がのぞく診察室から

ホーム >> 青空がのぞく診察室から >> 続・未来への贈り物

« 未来への贈り物 | メイン | 2週続きの日曜台風 »

2017年10月21日

続・未来への贈り物

前回に続き、『抗微生物薬適正使用の手引き(第1版)』について少し触れてみます。手引きでは、総論に続いて急性気道感染症と急性下痢症について詳細に書かれています。急性気道感染症の病型としては、感冒(いわゆるかぜ)、急性鼻副鼻腔炎、急性咽頭炎、急性気管支炎に分けて考えられており、病型や年齢、発熱の持続期間などの症状に応じた抗生薬の適正使用について論じています。

一方、急性下痢症については、ウイルスが原因と思われる場合と細菌が原因と考えられる場合に分けて記載されていました。急性下痢症の診断および治療の手順というフローチャートもありました。今回出されたこういう手引きだけでなく、各学会で出されるガイドラインもあくまでも一つの一般的な目安であり、それを参考に各医師の経験や考え方を加味して、望ましい治療につなげていきます。

抗生薬ではありませんが、以前はよくその病院独自の約束処方というのがよくありました。たとえば『K1』『K2』『G1』とかの名称をつけて、『K1』には咳止め(鎮咳薬)と痰切り薬(去痰薬)、鼻水止め(抗ヒスタミン薬)がセットで入っていて、『K2』はそれに気管支拡張薬も入っているといった感じです。下痢の薬としての『G1』なら整腸薬と下痢止め(止痢薬)があらかじめ混合されていたりしたものです。しかし、抗ヒスタミン薬は鼻水や痰を粘くしてしまうし、眠気を中心とした副反応もあります。また、下痢に対して安易に下痢止めを使ってしまう危険性もあります。そういった意味で、約束処方の安易な使用も考えものです。いずれにしても、抗生薬に限らず医薬品を適正に使用するためには、漫然と処方するのではなく、ある程度診断名を考え、その診断に基づいて薬を出していく必要があります。

地球温暖化が進行すれば、病気の地域性も変化し、病原体の威力なども今以上に増悪していく可能性が高いのです。新たな抗生薬も開発されるはずですが、病原体もまたさらに変異して生き延び、さらに強毒になったりもします。人類のために病原体と闘ってくれる抗生薬という限りある“未来への贈り物”を後生に有効に引き継いでいくためにも、必要と思われる時に診断名に合った抗生薬を必要な期間だけ使い、不必要と考えられる場合には使わない、漫然と使わないといった抗生薬の適正使用が望まれます。

投稿者 staff : 2017年10月21日 13:16

ページトップへ

Copyright © 2009 Akita children's clinic. All rights reserved.