香川県高松市の小児科・アレルギー科・小児循環器内科 医療法人社団裕心会 あきた小児科クリニック

医療法人社団裕心会 あきた小児科クリニック 小児科・アレルギー科・小児循環器内科

プライバシーポリシー

青空がのぞく診察室から

ホーム >> 青空がのぞく診察室から >> 続・高松市保健センターの健診

« 今年の学会は浜松 | メイン | バトンタッチ »

2017年07月25日

続・高松市保健センターの健診

先週の金曜日は高松市保健センターでの3歳児健診の担当でした。この健診については前々回のブログにも書きましたが、いつも通り赤、青、緑と3つある健診室のどれになるかなあと思いながら出かけました。・・・が、今回はまったく事情が異なっていました。普段は保健センター2階の健診室で行うのですが、先週末からなんと2階のエアコンが故障していて使えないとのこと。折しも35℃近い猛暑の午後、エアコンの効かない部屋での健診では体調を崩してしまう危険性もあります。そこで今回は2階ではなく、エアコンが故障していない5階の大会議室で健診をやるとのことでした。

行ってみるとだだっ広い会議室に急ごしらえされた3つの健診スペースがありました。今回は一番乗りだった僕は東側の「赤」の健診スペースに入りました。3人で担当して1人当たり24人の健診だったので、人数的には普段と同じぐらいでした。しかし、子どもたちは3階で受付や問診、各種検査を受け、5階に上がって健診を受け、そしてまた3階に戻るというややこしい流れになっていたので、いつもよりも30分ほど時間がかかってしまいました。健診を受ける子どもたちやご家族はもちろんのこと、保健センターのスタッフの方々も大変そうでした。早くエアコンが直って欲しいものです。ただ、3か所の健診が同じ部屋で行われたので、あちらこちらに見慣れた子どもさんの顔が・・・ニコニコと手を振ってくれたりして、楽しい一面もありました。

普段とまったく異なる大部屋での健診をやっていて、30数年前の研修医時代のことを思い出していました。徳島県では徳島大学小児科の研修医がこうした健診を担当することになっていました。当時は徳島、鳴門、阿南、日和佐、穴吹、池田など、徳島県全域の保健所に出向いて、大きな部屋で2〜3人の研修医が何十人もの健診をやっていました。見落としてはいけないし、あまりゆっくりやり過ぎても後の健診業務に支障が出てしまうし・・・いろいろなことを考えながら、一生懸命に健診をやったものでした。

今回、大会議室での健診を経験させてもらって、自然に当時のことを懐かしく思い出しました。小児科医になりたてで、理想と目標がやたら大きいくせに、実力はまだまだヒヨコだった若い自分がそこにいました。今の僕はあの頃に思い描いた自分になれているんだろうか、当時の僕が今の自分を見たらどんな言葉をかけるのだろうか・・・そんなことを考えながら、ちょっぴり初心を思い出させてくれたような今回のサプライズ健診でした。

投稿者 staff : 2017年07月25日 15:44

ページトップへ

Copyright © 2009 Akita children's clinic. All rights reserved.