香川県高松市の小児科・アレルギー科・小児循環器内科 医療法人社団裕心会 あきた小児科クリニック

医療法人社団裕心会 あきた小児科クリニック 小児科・アレルギー科・小児循環器内科

プライバシーポリシー

青空がのぞく診察室から

ホーム >> 青空がのぞく診察室から >> 2017年06月 アーカイブ

« 2017年05月 | メイン | 2017年07月 »

2017年06月24日

熱性けいれんの方向転換

総合病院で勤務していた頃の当直では、熱性けいれんの子どもたちがよく救急搬送されて来ました。すぐにけいれん止めの坐薬を入れてしばらく経過観察して、重症のけいれんや気になるタイプのけいれんでなければ基本的には入院せずに外来フォローとしていました。その際も、8時間後にもまだ熱があれば自宅で2回目のけいれん止めを入れてもらっていました。そして、過去に2回ほど熱性けいれんを起こしたことがある子どもさんの場合は、37.5℃の熱が出た時点でけいれん止めの坐薬を予防投与するようにお話していました。クリニックを開業してからも、同様に対応するのが一般的な治療方針でした。

ところが、最近では小児疾患の治療ガイドラインなどがいろいろ変化してきていて、熱性けいれんもその一つです。最近の『診療ガイドライン2015』では、以前と異なり単純型の熱性けいれんについてはけいれん止め坐薬の予防投与は推奨されていません。

けいれん止めの予防投与を必要とするのは次のような時です。まずはけいれんが15分以上続いた場合です。そしてもう一つは、次の6つのうち、2つ以上を満たす熱性けいれんが2回以上繰り返された場合です。その6つとは、‐播誓発作(片方だけのけいれんなど)または24時間以内に反復するけいれん、発達遅滞または神経学的異常が存在する場合、G性けいれんまたはてんかんの家族歴がある場合、1歳未満で起こったけいれん、ト作間隔が短いけいれん(おおむね1時間以内)、θ作時体温が38℃未満のけいれん、の6項目です。

ところで、熱性けいれんの定義としては「生後6か月から5歳までの乳幼児期に起こる、通常は38℃以上の発熱に伴う発作性疾患で、髄膜炎などの中枢神経感染症、代謝異常、その他の明らかな発作の原因がみられないもので、てんかんの既往があるものは除外する」とされています。何となく難しく感じるかもわかりませんが、熱性けいれんは本来良性であり、子どもでは比較的よく見られる病気です。もちろんご家族としては気がかりなのは当然ですが、むやみに心配することはありません。通常は成長とともに起こりにくくなります。先に書いたように、今後は熱性けいれんでけいれん止めの坐薬を使う頻度は減ってくると思われます。

投稿者 staff : 20:12

2017年06月10日

エキスポシティ

先日の日曜日、毎年1回この時期に開催されている高松市医師会の遠足がありました。高松市医師会はいくつかのブロックに分かれているのですが、毎年ブロック毎に順番で遠足や忘年会の幹事が当たります。遠足には昨年初めて参加しましたが、行き先は広島の宮島でした。あまり参加者は多くはなかったのですが、他ブロックの小児科の先生も2人参加されていました。そして今年は僕たちの7ブロックが幹事班でした。7ブロックの有志の先生方20数名でいろいろ準備を進めて行きましたが、主力はブロック長の某皮膚科の先生やずっと前からの事情をよくご存じの超ベテラン皮膚科の先生、そして前ブロック長の某乳腺外科の先生などでした。今年の目的地は大阪のエキスポシティで、僕は1号車の写真係の担当になりました。

大型バス4台での遠足でしたが、先頭の1号車は高松市医師会の会長や大御所の先生方、ベテランの先生方ご夫婦などが中心で、家族連れや若手の先生方は別の号車でした。こうした配置は事務局が担当してくれているのですが、1号車は重鎮揃いなので写真係といえどもちょっと気苦労が・・・。朝8時に松島町を出発して淡路サービスエリアでトイレ休憩、昼食会場のホテルには11時頃に到着しました。そして大広間での昼食となるのですが、さあここからが写真係の出番です。各号車担当の4人の写真係は、自分の食事はさておき、とにかくスナップ写真を撮りまくる義務があります。ピンボケではないように、各参加者の撮影枚数に極端な差がないように、ご夫婦はツーショットで、なるべく笑顔のスナップで・・・いろいろ頑張りました。食事が終わってからはエキスポシティでの自由行動となり、僕は某眼科の先生と一緒にショッピングモールとは別のエリアを散策しました。施設は何種類もあるし、公園はとにかく広いので、知った顔に出会う機会は非常に少なく、写真係の仕事も開店休業状態でした。

午後のフリータイムの時、公園内にある太陽の塔を眺めながら、今から47年前のこの地でのことを思い出していました。・・・・・その年の春休み、僕は父親に連れられて『大阪万国博覧会』に来ました。我が家はあまり旅行をすることがなかったので、実はそれが小学校の修学旅行に次いで二度目の四国外への旅でした(なぜか母親は留守番でした)。記憶に残っているのは遠巻きに眺めた“月の石”と、必死になって集めた各パビリオンのスタンプでした。あまり細かなことはもう覚えておらず、写真も撮っていない上に、せっかく集めたスタンプ集も今は行方知れずですが、父親と二人旅をしたという事実だけは温かい思い出として残っています。

今回の遠足は広い施設での自由行動だったので、幹事班のみんなが一番心配していたのは迷子と集合遅れでしたが、大きなトラブルもなく、ほぼ予定通りにエキスポシティを出発することができました。帰路も淡路サービスエリアでの休憩をはさんで、19時前には医師会館に戻ってくることができました。遠足を介して、幹事班として他科の先生方といろいろ交流が持てた有意義な1日でした。帰りの車中で事務局に提出したSDカード内の写真の出来具合がちょっと気がかりではありますが・・・。

投稿者 staff : 08:22

ページトップへ

Copyright © 2009 Akita children's clinic. All rights reserved.