香川県高松市の小児科・アレルギー科・小児循環器内科 医療法人社団裕心会 あきた小児科クリニック

医療法人社団裕心会 あきた小児科クリニック 小児科・アレルギー科・小児循環器内科

プライバシーポリシー

青空がのぞく診察室から

ホーム >> 青空がのぞく診察室から >> 2017年01月 アーカイブ

« 2016年12月 | メイン | 2017年05月 »

2017年01月07日

十年一昔

2017年の初ブログです。
僕のクリニックは2007年6月に開院したので、今年でちょうど10年になります。いろいろなことがありましたが、本当にあっという間の10年でした。10年前の今頃はクリニックの建設中で、医療機器や備品などの準備時期でもありました。

10年単位でもう少し振り返ってみると、20年前は香川小児病院(現・四国こどもとおとなの医療センター)から高松赤十字病院に異動して3年目の時でした。さらに30年前となると、ちょうど東京女子医大でいろいろ研修をさせてもらっていた時期になります。40年前までさかのぼってしまうと、まだまだ出口の見えない青春時代の真っ最中でした。

別の見方をすれば、大学卒業後の約10年は新生児や心臓病の診療に明け暮れた時期、次の10数年は幅広く一般診療をさせてもらった時期、そして次の10年は開業してからの時間となります。文章を書く場合によく“起承転結”と言われますが、僕の場合は卒業後の10年が基礎固めの“起”、次の10数年が高松赤十字病院での“承”、そして次の10年が勤務医から開業医への“転”といったところでしょうか。そうすると今からの10年あるいはそれ以降が“結”ということになってきます。

開業当時にまだ幼児だった子どもたちも今は中学生になり、時々逞しくなった姿を見せてくれます。高校生や大学生になっても顔を出してくれる人もいます。中にはお母さんやお父さんの立場でクリニックに来てくれる元患者さんたちもいます。本当に小児科医をやっていてよかったなと感じるこの頃ですが、今来てくれている子どもたちが成長していく姿もしっかりと見届けていきたいと思っています。

投稿者 staff : 18:31

ページトップへ

Copyright © 2009 Akita children's clinic. All rights reserved.