香川県高松市の小児科・アレルギー科・小児循環器内科 医療法人社団裕心会 あきた小児科クリニック

医療法人社団裕心会 あきた小児科クリニック 小児科・アレルギー科・小児循環器内科

プライバシーポリシー

青空がのぞく診察室から

ホーム >> 青空がのぞく診察室から >> 2014年05月 アーカイブ

« 2014年04月 | メイン | 2014年06月 »

2014年05月31日

ITストライキ

今年のゴールデンウィークの初日、自宅のパソコンが使えなくなってしまいました。なんでこうなったんだろ?? メカ的なことやプログラミングなどは苦手なのですが、何せ連休なので普段お付き合いのあるIT関連の会社もお休みでした。連休の間にまとめようと思っていたものがあったのですが、パソコン抜きでは難しいので、仕方なく自分でいろいろと悪戦苦闘してみました。せっかくの4連休でしたが、それぞれの実家にちょっとずつ行って、『アナと雪の女王』を見に行って、あとはパソコンの原因検索に費やしてしまいました。でも、結局は自力で復活させることはできず、連休明けにホームページ作成や維持でお世話になっているワンダーミックスという会社に持ち込ませていただきました。さすがにプロのお仕事、2日後には元通り以上のサクサク度を手に入れて帰ってきてくれました。

余暇や遊びの絡みだけでなく、仕事面でも今やパソコンなどのIT機器抜きでは語れません。電子カルテ、日々の会計や経理、薬品や機器の発注、学会や医師仲間との連絡やメールでの議論や打ち合わせ・・・挙げていけばきりがありません。もちろんITを導入せずに、アナログのみで頑張れない訳ではないとも思いますが。

二昔前までは論文は全部手書きで作成していたものでした。図表も全部手作りでした。間違えては書き直し、ミスを見つけては作り直しの繰り返しでした。初めて論文を書いた時のこと・・・。教授に見ていただいて修正点を指摘され、何度目かの書き直しの際、あと少しで完成という時に冒頭に書き忘れた行があることに気付いた時の気持ちは、今でもしっかり覚えているぐらいです。それがしばらくしてワープロで書くようになり、そのうちパソコンを使い始めて図表もパワーポイントなどが利用できるようになったので、あの時のような“振り出しに戻る”ということはめったになくなりました。ワープロを使い出した初期には、完成しかけていたファイルを間違って削除してしまったこともありましたが・・・。

そういえば、2年ほど前の冬に、自宅の風呂が突然使えなくなったことがありました。しばらく前から湯沸器のリモコンスイッチの動作が怪しかったのですが、数日後、ついに何の反応もしてくれなくなりました。時間は夜で、折しも厳寒の季節なのに、お湯はまったく出てくれないのでした。翌日にガス会社の方がリモコンを修理してくれて2日ぶりに入浴できましたが、やはりここでも原因はIT機器の不調でした。IT機器は使えている時には便利さを感じないほど便利だけれど、一旦機嫌を損ねてストライキに入ってしまうとどうしようもありません。まあ、クリニックの周りで突然停電が起きることほど怖くはないけれど・・・。

投稿者 staff : 20:15

2014年05月24日

香川小児病院会

先日の日曜日、丸亀で香川小児病院会の総会と懇親会があったので行ってきました。香川小児病院は平成25年の5月に国立善通寺病院と合併して四国こどもとおとなの医療センターとなっていますが、自分は過去に2回、合計3年間香川小児病院でお世話になりました。香川小児病院会は、その病院に在籍したことのある職員で創っている一種の親睦会です。

僕が1回目に香川小児病院に勤務した時は、重症の未熟児や新生児の診療経験がまだ乏しい時期だったので、未熟児病棟の看護師さんたちには物足りない医師と見えたのではないでしょうか。先輩医師だけでなく、仕事の出来る看護師さんたちに、時には厳しく、時には優しく鍛えてもらったように思います。テレビドラマのシーンでもときどきあるように、若手医師はある意味で看護師さんに教えられる部分も多いのではないでしょうか。香川小児病院会の会合では、当時のそんな看護師さんたち10数名と会うことができました。検査技師さんや事務員さんの懐かしいお顔もありました。

最初に香川小児病院に勤務した時から28年の時が経っています。仕事だけでなく、私的な面でもいろいろと思い出の詰まった病院なので、その建物がなくなってしまったことには大きな寂しさを覚えます。そういえば、東京修業時代に福島県の郡山市にあった循環器専門病院に6ヵ月間赴任していたことがあります。数年前に家族で南東北へ旅行した際に立ち寄ってみたのですが、病院だった建物は別の施設に代わってしまっていました。あの時も言いようのない寂しさを感じたものでした。

歳月が奪っていったものを懐かしんだり寂しがったりするのではなく、香川小児病院会の目的の一つは統合した新病院を支援していくことでもあります。今もクリニックの患者さんでお世話になっている人がけっこういらっしゃいます。四国のほぼ中央部で、大人から子どもまでカバーしてくれる新たな拠点病院になってくれたらと、香川小児病院のOBとして切に願っています。

投稿者 staff : 18:30

ページトップへ

Copyright © 2009 Akita children's clinic. All rights reserved.