香川県高松市の小児科・アレルギー科・小児循環器内科 医療法人社団裕心会 あきた小児科クリニック

医療法人社団裕心会 あきた小児科クリニック 小児科・アレルギー科・小児循環器内科

プライバシーポリシー

青空がのぞく診察室から

ホーム >> 青空がのぞく診察室から >> 2013年06月 アーカイブ

« 2013年05月 | メイン | 2013年07月 »

2013年06月19日

「子どもの心」研修会にて(2)

「子どものストレスマネジメント」の講演は2日目の午後にあったため、これらの先生方とは朝から前後左右に座っていた訳ですが、それまでは言葉も交わしておらず、何も知らないまったくの他人でした。それがわずか10分間ほど自己紹介をしたりストレスなどの話をしたりした後には、すっかり周囲の雰囲気が温かく変わったように感じました。

事実、九州から来られた年配の先生はご都合で最後の講演前に帰られたのですが、別れ際にはお互いに挨拶と簡単な言葉を交わしました。後ろに座っておられた北海道の先生とは次の休憩時間にもお話ししたのですが、なんと僕が東京女子医大にいた時の同僚の先生とお知り合いでした。1時間ほど前には“まったくの見ず知らず”だった先生が、わずか数分間の言葉のやり取りで、“研修会で出会ったあの先生”に変わっていました。

地下鉄では多くの人たちがケータイやスマホの画面を一心に眺めていました。面と向かって他人と交わるというストレスのない自分世界に浸っていました。それを否定する訳ではありませんが、研修会での体験を通して、実際に言葉を交わす大切さもまた新たに感じたものでした。

そして、僕にとって今回の研修会最大のサプライズが最後に待っていました。すべての予定が終了してポートライナーの市民広場駅にいた時、僕の目の前を本当に懐かしい顔が通り過ぎたのです・・・。「A君!」「あれっ、A君、来てたの!」大学の同級生で同じ班、卒業後に所属した大学は四国と関東で違ってしまったけれど、同じ道に進んだA君と実に大学卒業以来30年ぶりの再開でした。小児科同士でありながら、学会などでも不思議と出会ったことがなかったのです。でも20代の面影はそのままで、すぐにA君とわかりました。市民広場駅から新神戸駅で別れるまでの約30分、とても楽しいミニ同窓会でした。ちなみにイニシャルも同じHAなのです。10月の小児アレルギー学会にも参加するとのことだったので、また横浜で会えるかな?

投稿者 staff : 08:14

2013年06月18日

「子どもの心」研修会にて(1)

5月下旬は「子どもの心」研修会、6月上旬には日本小児科医会フォーラムがあり、それぞれ神戸と大阪に行ってきました。どこに行っても僕の方向音痴は相変わらずで、神戸では初めて泊まるホテルの場所が判らずにウロウロ・・・。大阪ではフォーラム終了後に会場の大阪市中央公会堂から梅田までのんびり歩いているつもりが、実際には方角違いの東北東に向かっていたらしく、結局は地下鉄を乗り継いで梅田に行くはめになってしまって・・・。
研修会や学会に参加するだけでなく街の風景を楽しむことも大好きなのですが、実際には今回のようなことがよくあるので、次からはスマホのナビの使い方をちゃんとマスターしておこうと思いました。

今年の「子どもの心」研修会では、学習困難、虐待、発達障害、ストレスマネジメントなどの講演がありました。一方、小児科医会フォーラムでは食物アレルギーに関する講演がダイナミックで新鮮でした。iPS細胞や予防接種関連の講演もありました。
こうした研修会や学術集会では、講師による講演をただ聴くだけというのが一般的です。しかし、今回の「子どもの心」研修会における「子どものストレスマネジメント」と題された某教育大学教授の講演内容はちょっと変わっていました。

講師の冒頭挨拶で「後で皆さんにグループ討論をしてもらいます」と言われました。大ホールに300人ぐらいが集まっていたので、『グループ討論っていっても、この並び方でこの状態でどうやるんだろう?』と思っていました。非常にわかりやすい講演でしたが、始まって30分ぐらい経った頃に「では、前後左右の皆さんで適当に3〜4人のグループを作ってください。自己紹介をした後で、皆さんが診察時のどんな時にストレスを感じたか、そしてそれをどうやって解消しているかを話し合ってください。後で代表者に発表してもらいます!」と言われました。見ず知らずの人とグループを作る、見ず知らずの人と話し合いをする、そして誰かが当てられて発表する・・・これはこれで結構なストレスになるんじゃないかなあとも思いました。

僕は右隣に座っておられた白髪の先生と、真後ろの40代(かな?)の先生と3人グループになりました。白髪の先生は九州から来られた方で、診療所を息子さんに譲られてご自身は健診や心療的な内容の仕事をしておられるとのことでした。後ろの先生は北海道から参加されていました。それぞれ簡単な自己紹介をした後で、診療上のストレス体験や自分なりの解消法について話し合いました。最初はお互いに言葉を探していましたが、最後はけっこう盛り上がっていました。

投稿者 staff : 19:41

ページトップへ

Copyright © 2009 Akita children's clinic. All rights reserved.