香川県高松市の小児科・アレルギー科・小児循環器内科 医療法人社団裕心会 あきた小児科クリニック

医療法人社団裕心会 あきた小児科クリニック 小児科・アレルギー科・小児循環器内科

プライバシーポリシー

青空がのぞく診察室から

ホーム >> 青空がのぞく診察室から >> 2012年07月 アーカイブ

« 2012年06月 | メイン | 2012年08月 »

2012年07月18日

同窓会

連休中に出身大学である徳島大学医学部の同窓会があったので参加してきました。前回は5年前でしたが、僕は開業前後のドタバタで出席できませんでした。なので、卒業以来28年ぶりに会ったメンバーも多くいました。実年齢通りに貫禄のある風貌になった人、時の流れに必死に逆らっている人、みんなそれぞれでした。

大学や総合病院の要職で頑張っている、大学の教授になった、開業して○年経った、肥満解消に努力している、マラソンで完走した、趣味の楽器や声楽などを充実させている・・・一人一人のスピーチでもいろいろな話が出ました。話をしている外見は50代前半から半ばなのですが、その話を聞いている頭の片隅にはそれぞれ20代の頃の姿が自然に浮かんで来て、数十年の時間経過はタイムマシンのごとく簡単に巻き戻せていました。

しばらく前のブログにも書きましたが、たまに当時の試験前の夢を見ることがあります。明日が国家試験なのにまったく準備がでてきていない、どうしよう・・・とか、国家試験の選択科目を間違えて勉強していた、もう間に合わない・・・といった状況を夢で何度か体験しました。グループで国試対策の勉強会をしていたことはよく覚えていますが、そんな仲間たちとの再会は楽しいものでした。

記念の集合写真とともに、現在の勤務表リストをもらいました。最近は総合病院でも診療所でも、多くの施設がホームページを開設しています。勤務先名を入力して検索すると、顔写真とともに専門分野や近況が判ったりします。みんな頑張っているなあと思います。同窓会そのものは終わっても、インターネットで個人的な同窓会を楽しんだりしています。
高松市内では総合病院や診療所に数人の大学同期生がいます。高松日赤には大学では先輩にあたりますが、高校では同級生だったメンバーが2人います。何かにつけて頼りになる心強い存在です。

投稿者 staff : 08:39

2012年07月09日

小児循環器学会に堀場雅夫さん

先日はお休みをいただいて日本小児循環器学会に出席してきました。子どもの心臓病や不整脈、川崎病など、小児循環器の分野に関する学会ですが、過去3年間の開催地は神戸市、千葉県浦安市、福岡市で、今年は京都市でした。西日本は九州を中心に豪雨でしたが、京都は幸い小雨でした。

一旦開業してしまうと日常の診療に埋もれてしまいがちになるので、やはり全国学会などで勉強したり刺激を受けたりすることは不可欠です。とくに小児循環器の分野は進歩が非常に早いので、油断していると時代遅れの“つもり医療”になってしまいます。“つもり医療”というのは僕の自作語で、自分ではちゃんとやっているつもり、自分では最新の医療をやっているつもり、自分ではきちんと説明しているつもり・・・でも現実はそうでもなかったりする、なので第三者の目で自分の診療を振り返っておこう・・・つまりは自分をブラッシュアップするための諫め言葉の一つです。

最近はインターネットという手段があるので、確かに学会に行かなくてもそれなりの知識を得ることはできますが、画面や書物の文字を通して得られるものには限界があります。実際の発表や議論を見聞きすることで、自分なりに受け取ることができる内容が大きく変わってくるものです。また、旧知の先生方にお会いする楽しみもあるので、いつも新たなエネルギーをもらって帰ってきています。

この学会では毎回特別講演が設けられていて、ときには小児循環器とはまったく異分野の方のお話しを聴くこともできます。今回は京都にある堀場製作所最高顧問の堀場雅夫さんによる『おもしろ、おかしく』という講演がありました。ご存じかもしれませんが、堀場さんはベンチャービジネスの先駆けを成した人で、分析機器のトップメーカーとして業界をリードしています。また、人生やビジネスに関する著書でも有名です。講演タイトルの『おもしろ、おかしく』というのは堀場製作所の社是でもあります。

会社のHPによれば、この社是は人生のいちばんよい時期をすごす「会社での日常」を積極的でエキサイティングなものにしてほしいという意味で、前向きな願いが込められているとのことでした。同じことをするのでも自ら進んでするのと嫌々するのでは大違いで、何事でもおもしろいと思って積極的に取り組めばおもしろくなるもの、そしておもしろおかしく仕事ができるのは、本人だけでなく会社にとっても最大の幸福と書かれていました。堀場さんの講演の内容も同様の主旨でした。僕はなかなかそこまでの境地に達することはできませんが、自分の生き方や仕事に関して振り返るよい機会をもらえました。次に参加する予定の大きな学会は9月の日本小児アレルギー学会ですが、今度はどんな収穫があるでしょうか。

投稿者 staff : 19:35

ページトップへ

Copyright © 2009 Akita children's clinic. All rights reserved.