香川県高松市の小児科・アレルギー科・小児循環器内科 医療法人社団裕心会 あきた小児科クリニック

医療法人社団裕心会 あきた小児科クリニック 小児科・アレルギー科・小児循環器内科

プライバシーポリシー

青空がのぞく診察室から

ホーム >> 青空がのぞく診察室から >> 2007年11月 アーカイブ

« 2007年10月 | メイン | 2007年12月 »

2007年11月25日

ブログスランプ

ブログの更新ができなくなって2週間が経ちました。何か書こうと思っても、不調な時期は何も浮かんできません。がんばらないと・・・と思っても、気持ちばかり焦って余計に筆が進みません、というよりも、キーボードに手が伸びません。そんなこんなで今日が来ました。

早くしなさいと言われてもできない、ちゃんとしなさいと言われてもやる気が出ない、しっかりしなさいと言われても無理、いくらお兄ちゃんでしょと言われてもそんなの関係ない、勉強しなさいと言われてもやる気が出ない・・・・・子どもでもこんなことが多いですね。小さな子どもならまだしも、小学校の高学年や中学生にもなると、やらないといけないことは充分にわかっているのだけれど、やり方がわからない、やる気がしない、やってもムダと諦めている、といったような理由で行き詰まっている場合が多いようです。高校時代から浪人時代の僕がそうでした。

結局は、自分の気持ちが動いていないんですね。先生や親に「がんばれ」「何でできないんだ」「しっかりしろ」と言われ続けても、自分の気持ちが動いていないとまったくプラスにはなりませんでした。

親や大人は子どもにこうさせよう、ああさせようと苦労するものですが、重要なのは子どもの気持ちを動かすことだと思います。僕もやってみようかなという気にさせる環境作り、自分にもできるんじゃないかなという気にさせる勇気づけ、もう1回チャレンジしてみようという気持ちになれるような余裕のある接し方、ちょっとしたことでも頑張りを認めてあげるささやかな一言・・・。子どもの気持ちを少しでも前向きに動かしてあげる心配りや工夫が子育てでは一番大切で、そして一番難しいのかもわかりません。

投稿者 staff : 23:17

2007年11月15日

それぞれの気持ち

父親の前立腺疾患や母親の高血圧症、骨折の時など、ここ数年彼らの外来受診や手術に付き添った際の最大の不満は、「待ち時間が長いなあ」「いつになったら呼ばれるんだろう?」といったことでした。いつ呼ばれるかわからないという状況は、待ち時間を長く感じる原因の一つでもあるし、耳をそばだてて待つ緊張感もあります。もちろん待ち時間は病院だけに限ったことではなく、銀行での振込や、デパートでのお中元やお歳暮などでも待つことが多いものですが、番号カードなどで自分の順番がおおよそわかるので、多少の余裕と一種のあきらめが生まれて待つことができます。

最近、診療所などで導入され始めた順番予約システムも、そうした待ち時間への不満解消の一環でもあります。それがわかっていながらも、自分が付き添いで病院へ行った時は、「時間予約しているはずなのに、もうかなり過ぎちゃったけど・・・」とか「痛みを訴えている年寄りをどれだけ待たせるんだろ・・・」とか、総合病院の待ち時間の長さをお詫びする立場を忘れて、心の中でぼやいていたものでした。

自分が開業してみると、総合病院にいた時とはまた違った意味で待ち時間について考えることになります。普段の時期ならあまり問題ないとしても、感染症が流行してくるとどうしても待ち時間が発生します。おまけに前のブログにも書きましたが、長く待ってもらって申し訳ない気持ちが、かえって診察を長引かせることもあります。一方で、受付の女性陣とすれば、受け付けた人を少しでも早く診てあげて欲しい、目の前でお母さんに抱かれている調子の悪そうな子どもさんを一刻でも早く診察にまわしてあげたい、そう思っています。看護師も受診してくれた子どもさんを早くなんとかしてあげたい、少しでも良くしてあげたいと思っています。点滴や検査も、痛みや不安を少しでも小さくしてあげたいと願っています。また、感染症が流行してくると、予防接種や健診に来てくれた元気な子どもさんが感染症をもらうことがないように、スタッフはいろいろと心を砕いています。ドクター、受付、看護師、それぞれの立場でそれぞれの思いを抱きながら、小児科クリニックとしての充実をめざしています。

今年もインフルエンザシーズンが近づいています。予防接種とともに、マスクが感染予防に有効ですので、ぜひ着用をお勧めします。クリニックでも、スタッフにはマスクを着用させる予定ですので、ご理解をお願いいたします。

投稿者 staff : 21:08

ページトップへ

Copyright © 2009 Akita children's clinic. All rights reserved.